SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

要太郎日記

河童と民話で有名な民話のふるさと岩手県遠野市で、『民宿とおの』を営む三代目・要太郎の日記。
遠野は「どぶろく特区」。自前の田で酒米を栽培し、私が愛情込めてどぶろくを作っています。
遠野のことや、どぶろく造り、「民宿とおの」についての話題が中心です。
<< 出張です。 | main | 続き^−^ >>
名古屋にて。
0
    ご無沙汰しております。名古屋出張より帰ってまいりました。実は名古屋に「出雲」さんという料理屋さんがあり、料理人、大谷重治さんを訪ねての出張となりました。情熱大陸などにも出演の、鳴門の漁師 村公一さんが取る鱸を、生の状態で内臓もまったく取らずに1週間以上熟成をさせ完全に旨みに変えてしまう人なのです。この魚をどうしても見たく、そして大谷さんにお逢いしたく行ってきた分けです。私も村さんとお取引させて頂いて2年目になる分けなのですが、かねてより村さんに熟成のお話は伺っており、そこで興味をもったわけです。そこで村さんからの紹介で、6月1日に東京赤坂の「ラ・リングアオチアイ」さんにてお逢いする事となり初の顔合わせとなりました。そこでの話しを聞き、やたら興奮状態になっていたのを憶えています。そのような経緯をへて7月8日〜10日の主張となったわけです。本当に驚きの連続でした。お手伝いをしながら色々と勉強をさせて頂いた分けなのですが、大谷さんの料理、接客どれをとっても凄いの連発でした。かなり、内容の濃い大谷さんとの出逢いでした。(続きへ)
    | - | 13:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    はじめまして。要太郎日記の要太郎です。村さんとは、ちょうど2年くらいのお付き合いをさせて頂いております。熟成の鱸は、旨みをひきだし生でもいけますよ。
    機会があれば、遊びにいらして下さい。
    | ヨータ | 2008/08/05 1:11 PM |

    私も鳴門の鱸をTVで拝見してました。東京のお寿司やさんに鱸を持っていって「旨い鱸がないので寿司ねたには使わない」と言っていた寿司やのご主人が一口食べて寿司に握り始めたときは感動でした。どんな味なのかなぁと寿司好きの私はたまらなく興味しんしん。でもそのお寿司屋さんが三つ星になったとか,ますます手の届かない事になりました。岩手の方から情熱大陸のあの鱸のお話がでるなんて驚き!!!
    | k-ka | 2008/08/04 5:51 PM |










    http://doblog.minshuku-tono.com/trackback/846388